-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.11.03 Monday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ビデオ

2014長崎コレクション 〜夢〜

長崎の普通の女子がおこなうファッションショー

「2014長崎コレクション」

アートラボも映像ボランティアとして参加しています。

2014.10.13の長崎ブリックホールでの練習では子供達のレッスンがありました。 この日はNHKの取材カメラが入り、仮の衣装でのウォーキングも。 本番まで後40日。すこしづづ練習の成果が見えてきたような・・・

2014.9.18 出島交流会館での練習風景


2014.10.15 出島交流会館での練習風景


2014.10.13 ブリックホールでの練習風景



 
  • 2014.11.01 Saturday
  • 16:09

ビデオ

ブルーレイ

 最近は、レンタルビデオ屋でも当たり前になっています。DVDの5倍以上の記録容量があり、大型テレビで見る、ブルーレイ映像は本当にきれいですね。

ところが、ビデオ業界でブルーレイは、新しい悩みの種になっているのです。

たとえば、イベントなどの記録映像をブルーレイに書き込んでも、メーカーの種類によって再生できない場合が出てきているのです。

これはDVDの最初でもそうでした。

ブルーレイを焼きこむには、6時間とかの長い時間がかかります。

せっかく納品しても、そこの家庭のブルーレイ再生機で、再生できないときは、メディアを変えたり、書き込むパソコンを変えたりと、ひと騒動になってしまいます。

それ以外にも、メニューをつけたりした時に、操作がおかしくなったりと、トラブル発生の確率が高くなってきます。

新しいメディアは、新しい悩みの種を作ってしまうものです。

  • 2011.03.03 Thursday
  • 09:39

ビデオ

2009帆船フェスティバル

 映像制作アートラボのデモ用作品です。長崎港を進む帆船を、ハイビジョンカメラ3台で撮影しました。

長崎港に向かう美しい帆船を勇壮な音楽と、簡潔なナレーションでまとめました。




大きいムービーを見たい方はユーチューブサイトでご覧ください。
 

  • 2010.08.28 Saturday
  • 11:27

ビデオ

ハイビジョンの勧め

 今やハイビジョンは一般的になってきていますが、ビデオ制作の現場では

すべてがハイビジョンというわけではありません。

しかし、近いうちになるでしょう。


今までのビデオの画質はSD画質と呼ばれています。

地デジじゃない今までのアナログ放送の画質ですね。

標準画質映像といい、Standard Definition Videoの略でSDと呼ばれています。

ピクセル数で言うと720×480となります。

ハイビジョンは、その倍ある1024×768となり、縦横比が16:9になっています。

なぜ横長になっているかというと、人間の視野にあわせているからです。


しかし、このハイビジョンにも、普通のハイビジョンとフルハイビジョンがありまして

なかなか、込み入っているのです。

ハイビジョンは、SDに対してHDといいます。

HDとは、ハードディスクではなく、High Definition Televisionの略です。


このハイビジョンの撮影の場合、データの容量が大きくなってしまいますので

ブルーレイなどの大容量のメディアを使わなくてはならなくなります。


ハイビジョンテレビは普及していますが

ブルーレイはまだまだですね。

そこが、悩みの種なんです。

 

  • 2010.07.03 Saturday
  • 16:22

1